継続摂取

イソフラボンの摂取量

自分や家族、子供のためを思ってサプリメントを選ぶ際に判断基準となる一つが、安全性です。
前者はいうまでもなく、定められた安全基準を満たしている商品を選ぶべきです。
後者は、サプリメントを用いることによって、体に悪影響を与える可能性がわずかですが、副作用があるサプリメントもあるのは事実です。
その点を良く考慮したうえで、子どもに与えるべきかどうかを判断する必要があります。

例えば、大豆に多く含まれているイソフラボン、名前だけでも既に有名ですが、果たしてこのサプリメントは子どもに大人と同じ量与えても大丈夫なのでしょうか。
まず、私達一人当たり、イソフラボンを摂取しても体に影響がないとされている範囲(一日当たりの摂取目安量)は、約70mgとされています。
農林水産省の見解によると、子どもに与えるイソフラボンについては、特定の条件上で、未発達の生殖機能に影響が出る可能性が否定できないため、いわゆる納豆や味噌などの私たちが普段食べているものに加えてサプリメントを用いるのは推奨されていません。
妊婦の摂取に関しても同様の理由です。
いわゆる「摂り過ぎ」による悪影響http://www.ik-rental.jp/fuk.htmlが確証されているわけではないとしても、こういった点を考慮して用いることは大切なことです。