継続摂取

更年期障害にイソフラボン

女性の方が抱える年齢の悩みとして、「更年期障害」があります。
更年期障害は、加齢に伴い女性の生殖器官が衰え、閉経する過程において、分泌される女性ホルモンの絶対量が減少します。
それ故に身体面、精神面において様々な症状となって現れるのです。
それほど女性ホルモンの働きが大切であることが分かります。

更年期障害の症状は様々ですが、人によって症状が重かったり、軽く済むこともあります。
人付き合いが悪くなったり、普通の生活が送れないほど困難な症状を緩和する、または予防するために行えることの一つとして、大豆イソフラボンを摂取することが挙げられます。
大豆イソフラボンは大豆食品に多く含まれる成分であり、女性ホルモンであるエストロゲンを補う働きをします。
減少する女性ホルモンの働きを補い、イライラや倦怠感などといった症状を抑えることができるのです。
また、それだけでなく、肌の保湿や、ターンオーバーの促進などにも効果があるとされています。
まさにどの年代においても女性を支える成分の一つといってよいでしょう。
ただし、イソフラボンのエストロゲン効果による副作用の懸念があるため、子どもや妊婦のサプリメントを用いた摂取は推奨されていません。